ご挨拶

greeting

久留米大学産婦人科は本学設立と開設を同じくする
歴史と伝統を有する診療科で、現在まで数多くの優秀な医師を輩出してきました。
現在では、婦人科腫瘍、周産期、生殖内分泌、
女性ヘルスケアすべてのサブスペシャリティーに精通するスペシャリストを有し、
幅広い教育が可能な教室です。 また、産婦人科を志す医師ならどなたでも歓迎で、
学閥などは一切なく、出身大学関係なく、皆仲良く研鑽しております。
生き方の多様性、ライフワークバランスも重視しており、男女問わず産休、育休の取得も推奨しています。
我々とともに、楽しく充実した人生を送りつつ、輝ける未来の産婦人科医を目指しませんか?

牛嶋 教授

当教室の教育における魅力の一つに、大学病院で周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、女性ヘルスケアの4つのサブスペシャリティーの専門医取得が可能なことがあります。また、主に福岡県内に多くの関連出張病院を有し、幅広い教育が可能です。また、各分野においても先進的な研究を行っており、毎年多数の業績を上げております。当院での研修をぜひお考え下さい。

吉里 教授

久留米大学病院は県内に7施設ある総合周産期母子医療センターの一つで、関連出張病院である聖マリア病院も同様です。また、地域周産期母子医療センターも出張病院として多数有しております。数多くの症例経験、高度な医療を経験することができます。生殖医療においても年々症例数が増加しております。周産期、生殖医療に興味がある専攻医の先生にとっても非常に魅力のある教室です。

津田 准教授

皆さんこんにちは。
我々の教室は、教室員一人一人の様々な個性と可能性を伸ばしながら、皆で楽しく一致団結し、より良い医療を提供できる産婦人科医を育成する教室であると思います。当教室には伝統的に先輩医師が後輩医師にしっかりと思いを伝え指導し、自分よりもさらにステップアップした医師になるように育成する体制が根付いています。そして、患者様にしっかりとした医療を提供できるためには、まずは自分が幸せであり、充実した気持ちで日々過ごすことも大切です。ぜひ安心して我々の仲間になりませんか!いつでも見学をお待ちしております。

西尾 准教授

婦人科悪性腫瘍は、手術、化学療法、放射線療法、分子標的治療と集学的な治療が必要で、新たな治療開発が日進月歩の勢いで進んでいます。その中で、当院は全国でもトップレベルの臨床治験、臨床試験に参加し、様々な治療開発に貢献しています。高度な医療や、治療開発の仕組みを知ることで、通常診療においてもより造詣が深くなります。また、当教室は楽しく、皆、仲良い雰囲気で和気あいあいと診療、研究、教育を行っています。