牛嶋教授ご挨拶

GREETING

優秀な
産婦人科医を
育成する

現在の産婦人科医療について

現在の産婦人科医療は、従来の婦人科、産科という概念に代表される婦人科腫瘍と周産期分野に加えて不妊症やホルモンの異常を取り扱う生殖内分泌分野、さらに更年期以降の女性のヘルスケアを担当する女性医学部門と4つのサブスペシャリティーが存在します。
妊娠前の時期から、出生前の胎児期、若年期から老年期まで女性の一生の健康を支える診療科としてその診療、研究の範囲は広がっています。

当教室の環境について

久留米大学産科婦人科学教室は本学創立と開設を同じくする歴史と伝統を有する診療科であり、現在まで数多くの優秀な産婦人科医がここから巣立ち、産婦人科医療の進歩発展、地域住民への健康増進に貢献してきました。
豊かなリサーチマインドを持ち、患者さんの気持ちも理解できるバランスのとれた臨床医を養成することを根本の理念として臨床、研究、教育に取り組んでいます。 現在、大学病院をはじめとする10か所の教育関連病院はいずれも地域の基幹病院であり、豊富な症例数を有する臨床研修を積むのに適切な環境です。

みなさんへのメッセージ

諸君が産婦人科専門医取得後に自らの専門領域を決め、研究を行ってより高度な専門性を高めていく、あるいは地域医療に貢献するために臨床経験の実績を積むなど個々の希望に添った医療人としての人生設計を築くための環境が充分に整っています。
久留米大学産科婦人科学教室はやる気にあふれた若い力を必要としています。心優しき先輩たちと一緒に、明るい未来へ邁進していきましょう。